後払いアプリ【2022年度最新版】解説!カードなしで決済が可能

2022年度最新!後払いアプリについて お金のない時に助かる情報

後払いアプリとは、登録するだけで商品を購入した後に代金の支払いができるサービスです。

手元にクレジットカードや現金がなくても、まとめて決済することが可能なので近年利用する人が増えています。

この記事では最新の後払いアプリとサービス内容をご紹介していきます。

後払いアプリとは?どんなサービスがある?

アプリ

後払いアプリとは後払い決済方式で決済できるツールの一つです。

後払い決済とは、商品を受け取った後にを支払うことができる方式です。

代表的な後払い決済は3つあります。

  • クレジットカード決済
  • 商品到着後の請求書払い
  • 携帯電話のキャリア決済

後払いでのお支払いというと、クレジットカードを使った支払いを利用する方が多いですが、
後払いアプリはクレジットカードを使わなくてもアプリ内でお手軽に後払い決済ができるサービスのことを指します。

実店舗以外でもAmazonや楽天、Yahoo!ショッピングといったオンラインショップ(ネットショッピング)などで後払いが可能です。

使い方はアプリによって多少の違いはありますが、ほとんどは支払いの際にアプリのQRコードや支払番号を表示して、発行された請求書やコードで支払いを行います。

手元にお金がなくても買い物ができるので、近年のスマートフォンの普及もあり若者を中心に利用する人が増えてきております。

一方で「後払いアプリは名前は聞いたことあるけど使い方がわからない」という方も多いでしょう。

後払いアプリを使うメリット・デメリット、主なアプリサービスや大手サービスもご紹介していきますので利用する際のご参考にして下さい。

後払いアプリを使うメリット

ショッピング

一番のメリットは面倒な手続きがなく、誰でも簡単に扱えることです。クレジットカードよりも利用限度額が低く設定されているので審査基準が緩いです。

後払いアプリのメリットは以下の3点です。

後払いアプリのメリット
  • 現金がなくても購入できる
  • 審査基準や利用条件が独自
  • 購入前にサービス等が確認できる

現金がなくても商品やサービスが購入できる

オンラインショッピング

現金が不足している場合やクレジットカードを持っていない方でもお買い物ができるのが

最大のメリットと言えます。

プリペイド(前払い)や即時払いは利用する時に残高を確認しなければならないので、

後払いアプリはアプリを開いてすぐに決済可能となっております。

ただ後払いにしている分、お金を用意できなくて滞納してしまうこともあり得ますので、

きちんと返済の計画を立てて利用しましょう。

審査基準や利用条件が独自

スマホ決済アプリの多くはSMSによる本人認証のみを通過すればすぐに利用できるものがほとんどです。

クレジットカードの申し込みのような厳格な審査が行われることはなく

未成年の方やクレジットカードを持っていない方でもお気軽に利用することができます。

またアプリによっては、審査自体が不要だったり、審査がある場合でも年齢制限や審査条件が緩い場合が多いのでクレジットカードを持てない人でも後払いアプリを利用できます。

クレジットカードの代わりとして利用できるのもメリットの一つです。

購入前に商品やサービスが確認できる

後払いアプリは後払いで決済なので、購入した商品やサービスを確認してから支払いができます。

クレジットカードや前払い、即時払いは商品やサービスの受け取り前に

決済を済ませなければならないので後払いアプリを利用すれば、

インターネットで現物が届いてからじゃないと確認できないことに不安を感じる場合でも安心してご利用できます。

後払いアプリのデメリットと注意点

メリットのほかにもデメリットもありますので注意しましょう。

後払いアプリのデメリット・注意点は以下になります。

後払いアプリのデメリットと注意点
  • 使い過ぎることがある
  • 不正利用される恐れがある
  • 手数料が発生するアプリもある

使い過ぎることがある

アプリによっては利用限度額が指定されていないものもあります。

支払日になって予想以上のお金が請求された、ということもあり得ますのでいくらか使ったかはまめにメモを取るか覚えておきましょう。

不正利用される恐れがある

後払いアプリは便利な分、クレジットカードと紐づけていると高額利用されることがありますので注意しましょう。

アプリには2段階認証や生体認証を設定するものがありますのでこちらを利用しましょう。

手数料が発生するアプリもある

アプリによっては、利用時に手数料が必要となる場合があります。利用額に応じて金額が変わるものや月額固定など様々です。

サイトによってはカードローンで支払う方が手数料がかからないといったこともありますので、きちんと確認しましょう。

後払いアプリとはどんなものがあるの?

後払いアプリが利用できる場所はコンビニやネットショッピングなどたくさんあります。

後払い対応の電子マネー決済アプリは手数料やサービスの内容
アプリごとによって違いますので、操作が簡単か、手数料は大丈夫か、
自分が良く利用する店に対応しているかをまず確認しましょう。

こちらでは後払いアプリの各サービスについて解説していきます。

後払いアプリ 電子マネー決済タイプ

電子マネー決済タイプとは後日支払うタイプの決済マネーで支払い方法はお使いの電子マネーによって異なりますが銀行引き落としやコンビニ払いなどから選択することができます。

後払い対応の電子マネー決済タイプの例
  • atone(アトネ)
  • paidy(ペイディ)
  • Kyash(キャッシュ)
  • PayPay(ペイペイ)あと払い
  • バンドルカード
  • QUICPay(クイックペイ)
  • メルペイスマート払い

atone(アトネ)

atone(アトネ)
利用限度額50,000円
支払い方法コンビニ払い・口座振替
支払い期日翌月10日、翌月20日、翌月27日
(お支払い方法毎に異なります。)
本人確認あり

atone(アトネ)は「NP後払い」を運営する株式会社ネットプロテクションズのサービスで、ネットショップなどで決済ができるサービスです。

クレジットカードがなくても、すぐにお買い物をすることができます。

atone(アトネ)の特徴は、「NPポイント」というatone(アトネ)とNP後払いの共通ポイントサービスです。

atone(アトネ)でご利用するとご利用代金200円毎に1ポイントが貯まります。

貯まったNPポイントはネットショップや店頭のレジで決済する時に請求額から値引きできる他、NPポイントクラブでの商品交換や懸賞応募にご利用できます。

支払方法は今月分の支払いをまとめて、翌月にコンビニ払い・口座振替のいずれかで選べますが、支払方法に応じて支払期日が異なりますのでご確認ください。

また、注意点として未成年者は親権者の同意が必要となります。

paidy(ペイディ)

paidy(ペイディ)
利用限度額設定なし(利用状況により変動あり)
支払い方法コンビニ払い・銀行振込・口座振替
支払い期日10日まで(口座振替の場合は12日に引き落とし)
本人確認あり

paidy(ペイディ)とは株式会社paidyが運営している決済サービスです。

paidyは店舗で支払うタイプではなくamazon、楽天などネットショッピングを利用した時に利用するサービスとなっているのが特徴です。

近くのコンビニエンスストア振込・銀行振込などで翌月まとめてお支払いができるのでインターネット上でお買い物が初めての方でも安心してご利用いただけます。

事前登録・クレジットカードは必要がなく、お支払いは翌月にまとめて一回で済ませられ、メールアドレスと携帯電話番号で簡単に決済ができます。

Paidyを使える加盟店は70万を超えており様々な業種で導入されています。

主な加盟店は下記になります。

  • Amazon
  • Apple
  • DMM.com
  • ビックカメラ.com
  • Qoo10
  • エアトリ
  • SHOPLIST.com
  • Rakuten Rakuma
  • ヤマダウェブコム
  • GLADD
  • MORECONTACT
  • MAGASEEK
  • BUYMA
  • DEAN & DELUCA

Kyash(キャッシュ)

Kyash(キャッシュ)
利用限度額最大100万円
支払い方法銀行口座・クレジットカード・コンビニATM・
コンビニ払い・銀行振込・イマすぐ入金
支払い期日入金月の翌月末
本人確認あり

Kyash(キャッシュ)は審査不要・書類提出不要で発行できるVisaプリペイドカードです。

メールアドレスと電話番号があれば、ネットの支払いで利用することができるKyash Card Virtualを最短1分で作ることができます。

またそのほかの支払い方法で「イマすぐ入金」というものがあり、必要な金額をすぐに入金、翌月末までに支払う入金方法です。

※イマすぐ入金は入金額に応じて最低500円~の手数料が発生しますのでご注意ください。

PayPay(ペイペイ)あと払い

PayPayあと払い
利用限度額最大200万円
支払い方法口座引き落とし
支払い期日月末締め、翌月27日
本人確認あり

PayPay(ペイペイ)あと払いとは、PayPay(ペイペイ)で当月に利用した金額を翌月にまとめて支払える2022年2月に始まったばかりの新しいアプリです。

PayPay(ペイペイ)は残高をチャージして会計時に支払うことが多いですが、

PayPay(ペイペイ)あと払いは残高へチャージすることなく翌月にまとめて支払うことでチャージする手間が省けます。

また手数料は無料で、ご利用方法は表示されたQRコードやバーコードでお支払いするだけなので簡単に利用することができます。

※ご利用代金の支払いができなかった場合、リボ払いを利用した場合は手数料が発生します。

まだできたばかりのサービスなのでお店によっては対応していないところもありますので確認しておいた方が良いかと思います。

バンドルカード

バンドルカード
利用限度額100,000円
支払い方法チャージ方式(後で支払いも可)
支払い期日チャージした月の翌月の末日
本人確認あり

バンドルカードはVisaの加盟店で支払いができるVisaプリペイドカードです。

プリペイドカードとは事前にカードにお金をためておいて残高から支払いを行う決済方法のことを言います。

バンドルカードはクレジットカードと同じように、Visa加盟店で使うことができます。審査や年齢制限がなく誰でも作ることができます。

プリペイドカードなので主なチャージする方法はコンビニやATM、クレジットカードなどで支払って現金をチャージですが中には「ポチっとチャージ」というチャージ方法も利用することができます。

「ポチっとチャージ」は使い方は簡単で氏名・生年月日・メールアドレス・電話番号を入力してチャージしたい金額を入力するだけですぐにできます。

こちらは残高がゼロになるまで繰り返し使えるのが特徴です。

QUICPay(クイックペイ)

QUICPay(クイックペイ)
利用限度額一回あたり20,000円まで
支払い方法クレジットカード
支払い期日ご登録したクレジットカードの支払期日
本人確認あり

QUICPay(クイックペイ)はチャージ不要のポストペイタイプの電子マネーです。

QUICPay(クイックペイ)は電子マネーですので、特定のクレジットカードと連携して起き、利用額は後日クレジットカードの支払いと一緒に引き落とされるシステムになっています。

またQUICPay(クイックペイ)は利用先が多いのが特徴です。

コンビニエンスストアだけでも

  • アンスリー
  • ファミリーマート
  • デイリーヤマザキ
  • ポプラ
  • 生活彩家
  • スリーエイト
  • くらしハウス
  • ミニストップ
  • セブン-イレブン
  • ローソン
  • ローソンストア100
  • セイコーマート

その他ガソリンスタンド、スーパーマーケット、ドラッグストア、東京ディズニーリゾートや東京ドーム、富士急ハイランドなどのレジャー施設や空港まで使えるところは数多くあります。

メルペイスマート払い

メルペイスマート払い
利用限度額300,000円(審査により変動有)
支払い方法メルペイ残高払い、コンビニ・ATM払い、口座振替
支払い期日ご利用月の翌月1日から末日
本人確認あり

メルペイスマート払いとは、翌月にまとめて清算できるサービスです。

メルカリでのお買い物や、メルカリ以外のWebサービス、インターネットでのお買い物及びコンビニなど全国のメルペイが使えるお店でのお支払いにご利用いただけます。

IDでの決済ができるので、利用する店舗も多く、スムーズに決済することができます。

  • 翌月にまとめて一回で支払い
  • 利用限度額の設定により使い過ぎ防止
  • 毎月定額を分割払いで支払いも可能
  • 自動引き落としやメルペイ残高を利用すると清算時の手数料が無料

とメリットも多いです。

BANKIT(バンキット)

BANKIT(バンキット)
利用限度額プランによって違いあり
・BANKIT You
メインWallet 1,000,000円
サブWallet 2,000,000円

・BANKIT Me
メイン・サブWallet供に 100,000円
支払い方法セブン銀行・銀行振込・クレジットカード・お助けチャージ
支払い期日毎月27日(土日祝日の場合は翌営業日)
本人確認なし

BANKIT(バンキット)とは、アプリをインストールするだけですぐに入金・ショッピングができるウォレットサービスです。

BANKIT(バンキット)にはBANKIT You・BANKIT Meという2つのプランがあります。

満13歳から利用できて、入会費・年会費は不要。

アプリをインストールするだけでアプリ型のVisaプリペイドかーどが発行されます。本人確認手続きも不要です。

スマホでショッピングをしている時、クレジットカードを持っていなくてサイトのショップの支払いがクレジットカード払いのみの場合でも利用できます。

ネットショッピングやゲーム課金・有料ダウンロード・動画配信サービスなどのネット決済にもご利用できます。

今ご紹介したサービス以外にも電子マネー決済タイプのアプリはたくさんあります。

  • アトディーネ
  • 楽天ペイ
  • ファミペイ
  • au PAY
  • LINE Pay

などあり、それぞれでサービス内容や特徴がことなります。

公式ページでも最新情報を更新しているので自分に合ったお支払い方法を選んでみて下さい。

後払いアプリ 大手携帯キャリア決済タイプ

携帯キャリア決済タイプは主に大手携帯電話会社が提供しているサービスです。

大手携帯キャリア決済タイプの例
  • ソフトバンクまとめて支払い
  • d払い
  • auかんたん決済

ソフトバンクまとめて支払い

月額利用料無料
利用限度額満12歳未満:最大2,000円/月
満20歳未満:最大20,000円/月
満20歳以上:最大100,000円/月
利用制限あり

ソフトバンクまとめて支払いとは、ソフトバンクが行っているサービスで、スマホやパソコンで購入したデジタルコンテンツや
ショッピングなどの代金をまとめてソフトバンクのご利用料金とまとめてお支払いする決済サービスです。

またソフトバンク・ワイモバイル・LINEMOをご利用の方で携帯電話回線をPayPay(ペイペイ)残高へのチャージ金額と一緒に月々のスマホの利用料金をまとめてお支払いすることができます。

月額使用料は無料で、年齢ごとに使い過ぎないよう利用限度額が設定されています。

利用限度額が設定されていてもその上限一杯まで使えるわけではなく、回線契約者の利用状況や契約内容によって利用限度額が自動設定されます。

利用状況に応じて上限額まで利用可能額が増額されていく仕組みになっていますので、利用開始早々でいきなり高額な決済は利用できないので注意です。

d払い

月額利用料無料
利用限度額10,000円・30,000円・50,000円の範囲内で
ご利用状況とご契約状況により変動
利用制限あり

d払いとは、ドコモが提供しているスマートフォンアプリの決済サービスです。

クレジットカードからのお支払いやATMからの現金チャージができ、ドコモ回線契約をしているお客様であれば携帯料金とまとめて支払うことも可能です。こちらはドコモユーザーでなくてもご利用になれます。

d払いはお申し込みは不要で誰でもご利用できます。ドコモの携帯回線をお持ちなら4桁のパスワード入力だけで利用でき、ドコモの携帯回線をお持ちでなくてもdアカウントのログインだけで始めることができます。

また、お支払い分としてご利用になった金額に応じてdポイントが付与されます。

dポイントとは?

コンビニやファーストフード店などのお店やネットショッピングといったところのお買い物で貯めることができるポイントです。
貯めたポイントは1ポイント=1円として全国の加盟店で利用することができます。

auかんたん決済

auかんたん決済とは、au IDを利用したスマートフォンやPCなどで購入したコンテンツ・ショッピング代金を支払うサービスです。

支払方法は

  • 通信料金合算支払い
  • au PAY カード支払い
  • au PAY残高支払い
  • WebMoney
  • クレジットカード支払い

から選ぶことができます。

ソフトバンクまとめて支払いのように、こちらもショッピングなどの代金をauの利用料金とまとめてお支払いすることができます。

後払いアプリ現金化サービス「即日アリアちゃん」

即日アリアちゃん

アプリでも即日で現金化ができるサービスがあります。

即日アリアちゃんは携帯アプリで決済した購入商品の買取を行っているサービスです。

即日アリアちゃんとは、プリペイドカードやクレジットカード、バンドルカードなどのキャリア決済枠で購入した商品を買い取ることで現金化ができる買取業者です。

サイトで購入した商品をすぐに売却することで最短で10分で即日振込で現金を入金してくれます。

また、クレジットカードが必要ないことと、金融ブラックでも利用できるところはメリットと言えます。

即日アリアちゃんでの換金について

初回では90%、2回目以降は84~86%と高い換金率となっています。

もっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご参考にしてください。

後払いアプリを賢く使って買い物上手になろう!

今回の記事は後払いアプリについてご紹介しました。後払いアプリならお金が手元になくてもお買い物ができる便利なサービスです。

キャッシュレス決済なので基本的に手間のかかるチャージや審査の手間もほとんどありません。

しかし使い過ぎや不正利用に悪用されることもありますので注意してください。

便利さについつい使い込んでしまうと料金滞納につながる危険もあるのでそうなるとサービスが利用できなくなる可能性もあるのため、ご利用は計画的に行いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました